地震

先日起きた イタリア・アブルッツォ(中部イタリア)の地震被害が明らかになってきている。
日曜から月曜の深夜と翌日の2度にわたる震災で瓦礫の山。

0KHOMGTN--180x140.jpg

幸い私が住んでいる町は北イタリアなので揺れを感じることもなかったが
報道は阪神大震災を思い出させる。
一番大きかった揺れが、深夜3時半だったことが幸いしたか火事の被害は
あまりない様子で、まだよかったと感じる。

瓦礫に生き埋めになってしまった方が次々救出されているが
基本的に石造りな家屋のがれきは、機械なしで取り除くのは時間がかかるので
火災が起こっていなくてほんとによかったと思う。

だが、報道には1ケ月前から予測され、警告が出されていたとされている。

日本に比べるとたまにしか揺れない長靴も同じく火山国なので
地震の可能性はないとは言えない、しかし一般市民の地震に対する警戒は皆無。

地震予測が“ウソの情報を流して喜ぶバカがいる”と批判されていたそうだが
今こそ考えを改めてほしいと思う。 ここはレオナルドの国なのだ。

耐震先進国日本が大きな力を発揮できる時ではないか?とも感じる。

一日も早い救出と町の復興を願います。

Comments 0

Leave a reply