クレモナスケッチ 師匠お久しぶりでっっ!!

さてさて、更新もお久しぶりですが。。。
連日の疲労と喋りまくってのどがやられたところに風邪がはいりこみ
見事にのどから風邪にやられております。
回復してきてはいるので、ブログを書いてみます。
(最近少しサボり気味なのでもう少し書かねばっ!)

先日は弦楽器フェアをのぞきに東京へ行っておりまして
初めから予定していたことと、別件の打ち合わせが終われば
のんびり見学しようと決め込んでいたのですが…

イタリアから師匠もいらしていたので「おひさしぶりです!」とあいさつした後は
少々お手伝いをさせて頂いておりました。
京都からだと遠いし、来るとも思ってなかったでしょうしお互い連絡無しだったので
嬉しい再開でした。(業界のイベントで顔を合わすことは珍しくないともいえるのですが…)

そんなこんなで近況報告をし。

Cannoneを始めたことも報告し色々とアドヴァイスをいただく事が出来ました。
特別に作業台空けてやるからジェノヴァで一緒にCannoneを作ろう!
とおっしゃって下さったので、準備万端整えしっかり計画したいところです。

フェアーの最中もいろいろと聞けましたが
様々なことの本質の部分をよ~くご覧になっていて
厳しい指摘に感心させられるともに勉強になりました
(詳しくは書けません…)

固有の作品・作者でありうることの価値とその難しさ。

ややこしくてすみません。。。
一言でいえばオリジナル。そんなところです。

この業界の”オリジナル”と言うのは本当に難しいなと思います。

連日のフェアーの前日には音楽家の方とお話をしていたのですが
そこにもこの課題がで~んと横たわっていましたね(汗)

テーマが大きすぎて、課題を分類し精査して行く事もたいへんですが
気付かせてもらえる環境にあることには感謝です。

まずはしっかり風邪を治して、仕事に戻りましょう!



Comments 0

Leave a reply