スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 第8回関西弦楽器製作者協会展示会 


DSC_2480.jpg

今年も関西の展示会が終わりました!
無事終わりました。と書きたかったのですが展示品の損傷があったと聞きましたので
そう書けないのが少し残念ですが、初の3日間開催となりお客様も大勢いらしていた
印象を受けました。

ご来場下さいました皆さま、ありがとうございました。
お楽しみいただけましたでしょうか?

分数楽器からフルサイズにサイズアップする準備で真剣にお試しになる方や
作者ごとの音色の違いを楽しまれたり、自分にちょうど良いサイズ、重さの楽器を
お探しの方など、さまざまな目的でいらしていたと思います。

展示されている楽器や、参加している製作者と御縁がつながれば
展示会をしていて良かったな、と思えるわけです。


今年は個人的には一番多くの方とお話することが出来ましたし
とても充実した展示会でした。

もう何度も過去に展示会にお越しになっているお客様からも
ずっと私のつくる楽器をご覧いただいていて気に入っていて下さっていたと
メールをいただく事も出来ました。

出展していたチェロをお試しになり、翌日には御自分の弓で試してみるために
弓を持参でもう一度お越しいただいたお客様もいらっしゃったりと
とても大きな手ごたえを感じる事が出来ました。

展示会というものが2,3日のイベントではないと言う事が本当によくわかります。
去年よりも良いモノを、今年よりも更に進化した自分を来年は準備できるよう
また一年間ほど成長していけるようがんばります。
翌年に同じ楽器がある事もありますが、私に限って言えば
同じセッティングでは用意しませんし、同じ楽器なのに
昨年よりも良くなったと思っていただけるだけの準備をしようと思います。

DSC_2483.jpg

昨年から導入された弾き比べコーナーに今年はエントリーをしておりました。
写真はビオラの弾き比べ中で、ちょっと遠景でわかりにくい写真ですが・・・
チェロとヴァイオリンでエントリーをしておりました。

チェロを玉木俊太さん、ヴァイオリンを北條エレナさんにそれぞれ弾いていただきました。
今年はミニコンサートにはエントリーしていなかったのですが一挺空き枠があり
弾き比べ、コンサートにエントリーしていない作者へエントリーしていただくよう指名されましたが
NGだったそうで、気に入っていただいていた拙作へ打診がありましたので
コンサートへも参加させていただきました。

広い会場で単体での音が聴ける。という興味や後学の為にも
弾き比べエントリーをしていたのですが、ミニコンサートも結果的には
音響的な側面で役立ちました。

こんな風に書いてしまうと、演奏していただいた奏者のかたには
音楽として聴いてないのね!と思われるかもしれませんが
もはや職業病みたいなものですので…
いつもではないですが、条件が揃うとシゴトモードで音を聞いてしまいます。

DSC_2484.jpg

左から1st ヴァイオリン 北條エレナさん、2nd ヴァイオリン 柳樂(なぎら)毬乃さん
チェロ 玉木俊太さん ヴィオラ 米井遥香さん


私のチェロをコンサートで弾いていただいた時の写真ですがこの後で、
ベースの池田源輝さんが加わり五重奏の演奏でした。
手前味噌ですが、会場の後ろで聴いていても音像がぼやけず良い音で鳴っていたと思います。

長くなってきましたので、第一部 終了と言う事で…
続きはあす!

追記訂正です。このコンサートの時は会場でお話させていただいていた
倉敷からヴィオラを探しに見えたお客様とコンサートを前列で聴いておりました。
後ろの方で聴いていたのは最終日の弾き比べでした♪ でも印象は変わらずです。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。