ヤーガー・スーペリオール(Vn) を試してみる。

さて、前回ざっとお披露目だけしたNEWアイテムを試してみました。
張ったものの、あまり弾いてみる時間もなかったので何日か放置状態でしたが
いい具合に初期伸びも取れたようで、どんなかな? と楽しみに試してみました。

IMG_0102.jpg

エンド側のカラーは全てライトブルーでヤーガー色を主張しております。
ボールエンドも綺麗なチタンシルバーで統一されメーカーのこだわりが感じられます。
E線のエンドボールは取り外しが可能なように設計されていますので
ヒルタイプのファインチューナーでも対応できるようになっています。

IMG_0103.jpg

E線に通されているチューブは無色透明で、他メーカーに比べかなり厚いです。
保護がしてあるのでチューブは要らないのですが、撮影のために乗せて張ってみます。
チューブの長さが均等に駒をまたぐように張られている弦を時々見かけますが、
雑音を生じさせない為に弓でこする側(指板側)にほとんど出ないように配置するのが正解です。

前置きが長くなりましたがインプレに行きましょう。
幾分強めの弦かな?という印象があったのですが弾いて行くうちに
どちらかというとクリアーな音色の弦。という印象に変わってきました。
E線も太いし、強い印象はありますが全体的に
明るく素直でクリアーな印象です。

どちらかというと中音域の成分の押し出しが強く太い印象のトーンを持っていると感じます。
超高域帯のシャリ感・ざらついた感じはほとんどないのでクセもなく素直です。

触った感触は特に何も感じません。と言う事は良い事です!

一挺の私の楽器に試してみた印象ですので、参考程度にと言った情報ではありますが
クセの少なさが”楽器の持っている音”を出しやすい弦ではないかと感じました。


追記になりますが、クリアーと表現しましたが
あくまで弦が持っている特徴としての表現です。

お手持ちの楽器が板の厚みが薄かったり
調整がしっかりされていない為に
ぼやけた音がしている楽器に張っても
クリアーな音色にはなりません。

クセが無い、少ないという意味でクリアーです。
宜しくおねがいします。

Comments 0

Leave a reply