ごあいさつ

新年明けましておめでとうございます

ふと、気になって第一回投稿の日付を見てみると2009年1月30日でした。

 今月末には、満2年ということになるのですね…
時々、書けていない月もあったりしましたがよく続けることができたと
自分のことながら少々驚きです。

第一回投稿に記したとおり、「気の向くままにクレモナスケッチ」は
私が通っていた学校のパンフレットに寄稿した
卒業生コメントのタイトルだったのが始まりで

心もとないイタリア語と、弦楽器製作学校に通いながら体験した
カルチャーギャップを綴ったものでした。
それを書くにあたって、いろいろと箇条書きした出来事をメモしてあったのを小出しに
ブログで書いていった訳ですが、最近ではストックはほとんどなく
(結構まとめて書いてしまったからでもあるのですが…)
身近な出来事を綴っています。

改めてカテゴリについて説明しますと

”未分類”ではお知らせや、ごあいさつを

”気の向くままにクレモナスケッチ” ではイタリアならでは?の日常ネタを

”たべもの のみのも”ではどちらかというとレストランなどで食べられそうなものではないもの
(ほかの多くの海外在住の方が記されているのであえて自分も書こうとは思いませんので)
ちょっとした季節の食べ物について書いています。

”ぷらすalfa"は蛇つかいだった筆者が大好きな車ネタでございます。
時々交通事情なんかも織り込んでいますのでマニアな方には物足りないかもしれません…

“仕事・道具”では弦楽器製作のことや道具のことなど本編ホームページでは
載せきれないことを記しています。

最後に“♪”では自分に少なからず関係のある音楽の話題をジャンルを問わず記しています。


また、このブログを書くスタンスはこれまでずっと誰かに話しかけるスタンスでもなければ
日記的な感じでこんな風に思ったけど…どうなんだろう?という問いかけもしてません。
一方的に書いていますので共感ということは少ないブログかも知れませんが
あくまで本編ホームページでは表現できない筆者の一面を出せればと思っています。

今年も同じ様なスタンスで書いてまいりたいと思いマス。

説明ついでに、本ブログ左フレーム2段目にイタリア語表記があります。
あえてイタリア語で書いているのですが…

パローラ・ディ・オッジと読みます。

意味は今日の一言。その内容は
「心を揺さぶる声を探しに私は長い旅に出る」ということになります。

別段、イタ語表記するとかっこいいからとかではなく
パルト・ア・ルンゴ・ヴィアッジョ・ペル・アヴェーレ
ウナ・ヴォーチェ・コンモヴェンテ

というリズムや音が心地よく
自分の戒めのような感じでのっけているのであえて
日本語表記はしておりません。あしからず。

 
 自分の作る楽器に欲しているものです。
楽器を作り続ける間はずっと掲げているでしょう。


”声”、楽器の場合は”おと”になりますが
惹きつける声というのは透き通ったものばかりではない様な気がします。
話し方だったり発音だったりは演奏家によって違ったりしますが
共通した、人を心地良くさせる声、というものを追っかけて行きたいなと思うわけです。

そんなわけで2011年旅日記が始まります。
今年も多くを学び、糧とし、成長できる一年でありたいと思います。
拙ブログをご覧になっている皆様がたの応援ありがたく綴ってまいります。

どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

Comments 0

Leave a reply